Each day is Valentine's Day

アマチュアトランペット吹きによる、日常やお気に入りCD、吹奏楽などについて徒然なるままに…

吹奏楽のための交響詩『ぐるりよざ』

言わずと知れた吹奏楽の名曲です。吹奏楽を始めたころから大好きな曲で、一度は演奏したい曲の一つです。(高校の演奏会にOB出演した際吹いたのですが、カットなどあったのでノーカウントに…)

この曲で地域信仰・土着信仰などに興味を持ち、大学の卒論のテーマにもしました。

そんな吹奏楽のための交響詩『ぐるりよざ』について、曲の背景も含め紹介できればと思います。

 

この曲は海上自衛隊佐世保音楽隊からの委嘱で伊藤康英さんによって作られ、初演は1990年2月16日に海上自衛隊佐世保音楽隊が行いました。

題名の「ぐるりよざ」は、長崎県生月島に伝わるキリスト教の聖歌"Gloriosa"が訛ったものと思われ、鎖国時代の長崎のカクレキリシタンの文化に着想を得て、彼らによって歌い継がれた音楽がモチーフになっています。構成は3楽章構成。

 

今回あえて『隠れキリシタン』と『カクレキリシタン』で表記を分けています。『隠れキリシタン』は皆さんがイメージするような、日本史で出てくる江戸時代の禁教中に仏教とや神道信仰に偽装してキリスト教を信仰する人々の事で、『カクレキリシタン』はキリスト教が日本で仏教、神道と混ざり、もはやキリスト教とは言えない様な変容を遂げた宗教の事として表記しています。カクレキリシタン信仰はキリスト教と、神道、仏教のハイブリッドといったほうが近いかもしれません。遠藤周作の『沈黙』も隠れキリシタンについての小説で、その中に「この国は沼だ。どんな根も根付くことはない。お前たちの伝えたデウスは既に奇妙なものに形を変えた。」というものがあります。この奇妙に姿を変えた信仰こそがカクレキリシタン信仰なのです。また、明治時代に入り、禁教が解かれますがカクレキリシタン信仰がキリシタン信仰になることは無く、隠れて口伝えで行うことが教義になっていました。

また、一番気になるところがなぜ禁教中に危険を冒してまでキリスト教を信仰したのかという事かと思いますが、隠れキリシタンとして進行し始めた初期の人は飢饉や重い税に苦しむ中で、救いや、死への恐怖を和らげるために信仰していきました。しかし、その隠れキリシタンの子供や孫の下の世代になると、家の信仰や親のカクレキリシタン式の位牌を守るために信仰するといったように信仰内容ではなく、家の宗教がこうだからといった意味合いが強かったそうです。その為、子や孫の世代は『崩れ』という集団で棄教し仏教などに転ぶ現象が起きました。長くなりましたが、そんなカクレキリシタン信仰をモチーフとしています。

 

第1楽章「祈り(Oratio)」

Oratio(オラツィオ)はラテン語で祈りという意味です。カクレキリシタン信仰の中には、大多くの祈りが存在し、それらはまとめて『おらしょ』と呼ばれており、これもオラツィオがなまったものと考えられます。

第1楽章はグレゴリオ聖歌の主題をもとにした変奏曲。変奏は13回行われ、この「13」回については、キリストの受難(キリストが磔にされたのが13日の金曜日)の象徴とされる数字に着想を得たと思われます。また、冒頭に男声合唱がありますがこれはオプションで、吹奏楽コンクールで演奏する際には、男声合唱を加えなくても大丈夫です。演奏会などで加える場合はあくまで「男声」合唱であり、「混声」や「女声」はふさわしくないと作曲者は述べています。

この冒頭合唱の歌詞(グレゴリオ聖歌)とカクレキリシタンのおらしょ(ぐるりよざ)の歌詞を比較するとこのようになります。

 

グレゴリオ聖歌オラショ

O           gloriosa  Domina excelsa   supra      sidera

(オー      グロリオーザ       ドミナ     エクセルサ       スーペラ              シーデラ

集落名    ぐるりよーざ       どーみの いきせんさ       すんでら              しーでら

qui te     creavit    provide  lactasti   sacro      ubere

クィテ    クレアヴィト       プローヴィデ       ラクタスティ       サクロ     ウーベレ)

きてや    きゃんべ              ぐるーりで           らだすて              さあくら おーべり

 

第2楽章「唄(Cantus)」

キリシタンに歌い継がれてきた「さんじゅあん様のうた」を元にしています。この楽章では和楽器龍笛が使われる。龍笛はピッコロで代用することも可能ですが、やはりここはオリジナルの竜笛での演奏が個人的には大好きです。この楽章を演奏する団体が少ないのが残念。

 

第3楽章「祭り(Dies Festus)」

対馬蒙古太鼓のリズムと「長崎ぶらぶら節」の旋律を元にしています。楽章後半ではフーガが形成されます。1・2楽章までの主題や動機も再現され、壮大なクライマックスで終わります。

  • 音源紹介

最後に、東京佼成ウインドオーケストラ海上自衛隊佐世保音楽隊の音源をご紹介します。


吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」: 伊藤康英 (Gloriosa Symphonic Poem for Band : Yasuhide Ito)


【音楽】吹奏楽のための交響詩≪ぐるりよざ≫ ~佐世保音楽隊~

佐世保音楽隊の演奏は少し録音に難ありですが、さすがの長崎の演奏です。地場の曲は地場の団体に限るなと感じます。少し前ですが、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産として世界遺産に登録もされました。熱いね!長崎!熱いね!カクレキリシタン!(笑)

 

曲のことより信仰についてのほうが長くなっちゃったんですが疲れたのでここまでに。

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。

釣って煮付けて食べる。

先日、中学校からの同級生と一緒に、釣りに行ってきました。

 

19時半に家まで迎えに来てもらって、いざ!

f:id:masakichi0154:20200825165416j:plain

友人の運転で釣り場へ!

 

釣具店で仕掛けと餌を買いながら車を走らせること約3時間。やっと釣場につきました!

 

 

小長港!

 

 

広島県というよりもはや愛媛県のほうが近いんじゃない?といった感じです。

 

着いたのが10時ごろだったのですが、もうすでに数名、釣り人がいました。

 

ちらっと見るとシーバス(スズキ)を狙っているようでした。

この日の満潮が24時ごろだったこともあり、早速釣りを開始。

 

第一投目で友人はすぐアタリが来て良いサイズのメバルが釣れました。

私も負けじと粘ってみるもさすがに一投目では釣れず。。

 

あ、今回はメバル釣りに来ています!笑

 

三投目くらいでついに私の竿にも反応が!

メバルは食いつくとすぐ潜ってしまうため、ばらさないよう急いであげると、20cmほどのメバルでした。

 

その後も、小さい魚はリリース(エラなどが傷ついてしまったものは持ち帰り)しながら2時ごろまで釣りを楽しみました。

 

間でアナゴやタイ、カサゴなどメバル以外も釣れました。

f:id:masakichi0154:20200825165422j:plain

だいたいこんな感じ

潮も引き、だんだん釣れなくなったので、そろそろ帰ろうかと竿を片付けていたところ、水面にスーッと何かがうごいているのです。

 

手元のライトで照らすと、なんとイカが!

 

しかも7,8匹はいる感じです。

まだ針を外しただけだったので、餌木(イカ釣りに使うルアー)に付け替えてキャストしてみよう!と息巻いてカバンの中を見るも、肝心の餌木を持ってくるのを忘れるというミス…。いつもは入れてるのに、メバルだから置いてきたんだった…。後悔先に立たず、帰路に着くのでした。

 

晩御飯を食べていなかったこともあり、帰宅途中に呉のマクドナルドに寄って、みんなでチーズバーガーを。こんな時間に。でも、こんな時間だからかすっごくおいしいんですよね。空腹は最高の調味料と言いますが、罪悪感こそ最高の調味料なのでは?と思います。

 

4時前に帰宅。

運転してくれた友人には感謝です。謝謝。

シャワーだけ浴び、そのままベッドに倒れ込むように就寝。

 

 

 

次の日

 

釣りをするとなると、欠かせないのが魚をさばく作業。

魚をさばくの好きなんですよね。

 

今回はメバルということもあり、まあ煮付けかなと思い、煮付け用にさばくことに。

(あ、アナゴとタイは友人が持って帰りました。)

 

本当はすべて左に頭が来るようにさばきたかったのですが、家にある鍋で一気に煮付けることを考えると、何匹かは右が頭に…。鍋スペースの有効活用。

 

まあそんなこんなで煮付けてこんな感じに。

f:id:masakichi0154:20200825165432j:plain

魚って火が通ると目が怖いですよね。白くなって。

 

まぁ料理もたまにしかしない割には上手にできたと思います。

 

家族もおいしそうに食べてくれましたし。

 

そんなこんなで楽しい釣行でした!

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。

すていほ~む。

おひさしぶりです。

 

ブログを書こうとパソコンのまえに座り、ブログにログインすると、1ヶ月何も更新していないことに時間の流れの速さを感じています…。

 

 

何も書くことがなかったわけじゃないのに…。

4月は自分の誕生日もありましたし…。

 

 

そうです。すべてはコロナウイルスのせいです。そうなのです…。

(※私はいたって健康です。のほほんと毎日暮らしております。)

 

 

 

いまさら誕生日のことを書くのもあれなので、ステイホーム中の出来事でもぼちぼち書こうかと…。

 

このゴールデンウイーク中は基本的にステイホームを心がけ、ずっとパソコンの前にいました。何をしていたかというと、家にある写真をデジタル化し、クラウドで管理してしまおう!ということをしておりました。

 

以前から、やろうとは考えていたのですが、なかなかまとまった時間も取れず、先送りにしていました。実際、写真の量も多く、ゴールデンウイークをすべて使っても半分に到達しなかったので、まだまだ道のりは長いです。(写真読み取り用スキャナーなら早いみたいですが、我が家のものはプリンターについているスキャナーの為、1度に最大4枚しかできずスキャンも20秒くらいかかってしまっているのです。)

 

そんな中に、中々いい顔をした写真が…

 

f:id:masakichi0154:20200512113425j:plain

着れる五月人形を買ってもらった日

 

ちゃんと刀を構えている写真もあったんです。でも、この表情、よくないですか?!

 

こんな写真を見始めると、はかどるわけもなく…。

はかどらない割に時間は過ぎ、だんだん飽きてくるのです…。

 

 

飽きてはクッキーを焼いてみたり…。

f:id:masakichi0154:20200512113358j:plain

ハワイで有名なあれ。

f:id:masakichi0154:20200512114214j:plain

模様かくのがめちゃめちゃめんどくさい笑

 


飽きては家の庭でBBQをしてみたり…

 

f:id:masakichi0154:20200512114336j:plain

家族だけでBBQは3密じゃないですよね?!外だし。



気分転換を図ってみるも、その気分転換がかなり時間を使うものばかり…笑

 

そんなこんなで写真のデータ化はあまりはかどることもなく、いつの間にかゴールデンウィークもおわり、仕事の毎日へ…。

 

 

まぁゆっくり家で家族と過ごせたのもコロナウイルスのおかげかなと。

 

コロナウイルスのせいで更新が遅れていましたが、ブログは週に1回は最低でも更新しないとですね。どんな感じで書いてたかも忘れちゃっているので。

 

 

それではまた、いつの日か。

 

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。

 

ピッコロトランペット K&H(キューンル&ホイヤー)MB-G

 

なかなかブログが書けず、一度サボるとズルズルと…

 

ブログに書くことないもんな…というのが逃げ口上となって、今日になってしまいました。

 

今日からまた心機一転、再スタートしようと思います!不定期に変わりないかと思いますが…笑

 

趣味でトランペットを吹いていることもあり、家には何種類かのトランペットがあるので、それを紹介していこうと思います!

タイトルにもありますが、本日は、ピッコロトランペットです!

 

 

 ピッコロトランペット

ピッコロトランペットとは

ピッコロトランペットとは、トランペットの一種です。19世紀末に、主にバロック期の曲を演奏するために考案されました。バッハヘンデルの祝典的な宗教音楽に良く用いられるのでバッハ・トランペットとも呼ばれます。

色々な調合の楽器がありますが、主にC管、B♭管、A管が有名です。バロック期によく用いられたニ長調の楽曲の演奏にはA管で対応することが多いです。低音域を補うために4本バルブの楽器が多くなっています。

 

有名なもので言えば、ビートルズペニー・レインにおいて演奏される間奏の管楽器はピッコロトランペットでの演奏になっているのでイメージしやすいのではないでしょうか。

 

木管楽器であれば、フルートピッコロの関係のように、管の長さが半分になれば音域は1オクターブ高くなるのですが、ピッコロトランペットの場合には通常のトランペットに比べて音域はそれほど高音まで拡大するわけではありません。 トランペットで演奏可能な最高音は奏者の能力にあることが多いので、トランペット奏者がピッコロトランペットを使用すれば簡単に高音が出る!という訳ではありません。そんなピッコロトランペットを使う利点は、高音部の倍音が少ないことによるミストーンの回避(音を外しにくくなる)や、短く細い管と小さなベルによって作り出される軽やかなキラキラした音色にあります。

ピッコロトランペットが使われた曲

ピッコロトランペットは、金管アンサンブルの最高音パートを担当することが多く、金管8重奏以上で演奏する際によく使われます。

また、比較的歴史の浅い楽器ですが、クラシックでも活躍しており、ムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』の中のサミュエル・ゴールデンベルグとシュムイレという楽章の中で活躍しています。

 


ショルティ指揮 『展覧会の絵』 Part2/2

演奏しているのはシカゴ交響楽団で長く首席トランペット奏者を務めた、アドルフ・ハーセスで、オーケストラのトランペットの鏡とも言われ、オーケストラのトランペットは彼を中心に育っていきます。常に完璧な演奏、サウンドで、私も彼の音を聞きたいためにシカゴ交響楽団のCDをたくさん買いました。

 


Penny Lane - Canadian Brass Ensemble

一応、ペニーレインも。これはカナディアンブラスによる編曲です。以前のカナディアンブラスの出雲公演の記事でも書きましたが、この動画でピッコロトランペットを吹いている彼が僕のピッコロトランペットを吹き、いい楽器だと評価してくれました。

ピッコロトランペットの名手

ピッコロトランペットの名手といえば、言わずと知れた、トランペットの神様、モーリス・アンドレかと思います。


Maurice André, 'Concerto in Dm for Trumpet and Orchestra' (Benedetto Marcello)

高音域が綺麗でいつ聞いてもうっとりします。

 

また、一度レッスンに参加させていただいたことのある、ラインホルト・フリードリヒの名演もご紹介いたします。この曲では、先ほどのモーリス・アンドレとは調の違う、C管のピッコロトランペットを使用しています。


Bach: Brandenburg Concerto No. 2 in F major, BWV 1047 (Orchestra Mozart, Claudio Abbado)

こちらもキラキラした、何度聞いても飽きない演奏です。

所有楽器

私は、キューンル&ホイヤーというドイツのメーカーのMB-Gというモデルを購入しました。

 

ロングタイプのピッコロトランペットで、マルテ・ブルバシリーズになります。

 

f:id:masakichi0154:20200323182005j:plain

キューンル&ホイヤーというメーカーです。

大学2年生の時に、お世話になっていた東京の楽器屋さんに相談して、購入しました。

f:id:masakichi0154:20200323182016j:plain

かっこいいですよね!よね!

アメリカの有名なメーカー、シルキーのピッコロトランペットも吹いたのですが、僕の吹き方のクセだったり、音のキラキラ感など後輩たちにも聞いてもらって選んだ、思い入れのある楽器です。アンサンブルコンテストで何度か中国大会まで行けたのは、この楽器のおかげかもしれません…笑

 

f:id:masakichi0154:20200323182022j:plain

この子とメンバーのおかげで中国大会に?!

一般楽団に入り、アンサンブルをする機会もめっきり減ってしまい、なかなか出番がなく、ピッコロトランペットの音が好きな私は少し残念に思っています。

 

キューンル&ホイヤー(K&H)とは

1948年にドイツで創業以来、ハンドメイドにこだわり続けて作られており、現在は、伝統的なハンドメイドにこだわりながらも最新のコンピューター技術などを整合し、常に高品質を維持しています。名前は創業者であるアドルフ・キューンル氏とパートナーのエミール・ホイヤー氏に由来しています。ちなみに工房は、ドイツのマルクトエアルバッハという、ニュルンベルグワーグナーの楽劇「ニュルンベルグマイスタージンガー」の舞台)の30km西の町にあります。
そして、常にお客様の要望に応えるべく、有名なミュージシャンや音楽教授に意見を聞くとともに、新製品の開発に力を注いでいます。コストパフォーマンスに優れたトップラインシリーズ、きめ細かく深みのあるサウンドを持つソナタシリーズ、ソリストとして世界各国でワークショップを行うマルテ・ブルバ氏のシリーズと、ニーズに合わせて選ぶことができます。

お求めやすい価格(入門機)から非常にクオリティの高い楽器を作っているので 、トランペット購入検討の際はぜひ候補に!笑

↑少し業者っぽい語り口になってしまいました…

 

 

 

 

こんな調子で、これから楽器紹介をネタに書いていこうと思います。

次はメインで使ってるトランペットにしようかな…

 

 

それではまた、いつの日か。

 

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。

 

春の演奏会の開催を見送ります

最近全くブログを書く気がおきず、、、

 

というのも、先日お知らせした、私の所属している、元祖平成吹奏楽団の定期演奏会新型コロナウイルスの感染拡大の防止に伴い、見合わせることとなりました。

 

今回(3月15日)の定期演奏会は開催しませんが、また状況を見て、皆様に披露する機会が準備できましたら、お知らせさせていただきます。

 

 


第28回春の演奏会 開催見合わせのお知らせ

 

 

明日から、またぽつり、ぽつりと書けたらいいなとおもいます。

 

 

それではまた、いつの日か。

 

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。

花壇のDIYリメイク

一昨日、広島ブログさんに登録させていただいてからというもの、びっくりするくらい皆さんに来ていただき、また急上昇にもあげてもらい、うれしいような、恥ずかしいような感じです。

ポイントクリックしていただいた皆さん、本当にありがとうございます。

 

急上昇のことでやる気が出ているので、本日こそ更新しようと思います!

 

我が家には、ゴールドクレストという木が2本植えてあります。

f:id:masakichi0154:20200213165119j:plain

これは拾ってきた画像です。クリスマスツリーっぽい感じの木でした。

この木は、今の家を両親が建てた時に園芸の方が植えたもので、植えられて15年ほどになります。日当りの良さもあってか、ぐんぐん成長し、家と同じ高さにまで成長していました。

この度、家の外壁塗装をするということで、業者さんにお願いすると、その木のせいで足場が組めないとのこと…。16年共に歴史を刻んだ植木を伐採することに…。

正直、2階の採光用の窓も隠れてしまっていて、日中でも採光窓から光が入らない、とか、電線に触れそう、という問題を抱えていたので、タイミングと言えばタイミングなのですが、少し寂しい気持ちになりました。

 

伐採は、日中に行われたようで、家に帰ると切り株の状態でした。1週間ほどして、無事外壁塗装も終わり、仕事を終えて家に帰ると、まだ切り株が残ったままなのです。

 

両親に話を聞くと、切るまでは無料だけど、切り株除去って別料金らしいとのこと。

DIY系YouTuberにはまっていた私は、あっさり請け負い、週末さっそくとりかかりました。

f:id:masakichi0154:20200213165640j:plain

最初はこんな感じ。木が2本植えてありました。

まずは左の切り株の除去。

スコップで掘り進めていきました。やはり、16年という歳月は伊達じゃなく、指より太い根っこがはりめぐっており、切りながら掘り進めました。

f:id:masakichi0154:20200213170027j:plain

1つ目の切り株除去完了。

朝8時から初めて、やっとのことで1つ終わったのは、11時過ぎ。先が思いやられます。

 

 

 

右の切り株に取り掛かります。

f:id:masakichi0154:20200213170402j:plain

2つ目も完了。

1つめが強力過ぎたのか、2つ目の切り株は思いのほかあっさり抜けてくれました。

 

散らかった土や根を片付けたのち、草が生えると面倒なので、除草の意味も込めて、ピンク色の砂利石を敷き詰めました。(花壇も考えたのですが、たくさん植えないといけないうえに、家の外からは見えないのでコスパがよくないので…)

 

 ↓Amazonでもありました!(私はホームセンターで購入しました。重かったです。)

 

 2cm程敷き詰めないとあまり除草の意味がないらしく、しっかり敷き詰めました。購入は50kgほど買ったように思います。

 

その後、母の「少しは花も植えたい」との要望も取り入れ完成しました。

f:id:masakichi0154:20200213171731j:plain

完成時16時。休憩も取りつつ、約9時間で完成。

角のシーサーが1匹鎮座しているところが1日通して日当りがよさそうだったので花壇としました。

 

 

 

なんで1匹しかいないのか…。

 

 

 

 

 

謎です。

 

f:id:masakichi0154:20200213172607j:plain

相方は何処に…。

 

 

それではまた、いつの日か。

 

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。

お知らせ

本日はお知らせとなります。

 

私が所属している吹奏楽団の定期演奏会がありますので、ぜひご来場ください。

f:id:masakichi0154:20200211231618j:plain

元祖平成吹奏楽団 第28回春の定期演奏会

アッペルモントのブリュッセル・レクイエムや、先日届いたコンクールの課題曲も演奏します。

 

ブリュッセル・レクイエムは今のところノーカットで演奏する予定です。

 

また、今年も茶番劇を用意しておりますので、あまり普段吹奏楽を聞かない方でも楽しんでお聴きいただけるかと思います。

 

演奏会のテーマは『お・も・て・な・し』です。

 

団員一同、お越しをお待ちしております!

 

 

元祖平成吹奏楽団 第28回春の定期演奏会

2020年3月15日(日)  13時開場/14時開演

広島文化学園HBGホールにて

 

それではまた、いつの日か。

 

広島ブログ

↑クリックしてもらえると毎日頑張れます。たぶん。